保育について Childcare

保育目標

“心と身体の元気な子”

保育目標

年齢別保育のねらい

「保育所保育指針」に基づき、年齢別に保育課程を作成し日々の保育を実施しています。
年齢別にその一部をご紹介します。

  • 0歳

    ・24時間のリズムを踏まえ家庭との連携を取りながら、個々の生活リズムを整える

    ・個々の状態に応じてスキンシップを十分にとりながら情緒を豊かにする

    ・安全で活動しやすい環境の下で寝返り、腹ばい、ハイハイ等の運動的な活動を促す

    ・安心できる人や色々な物に触れ、聞く、見る、触れるなどの感覚の働きが豊かになるようにする

  • 1歳

    ・食事、着脱等、簡単な身の回りのことをしようとする

    ・保育士を仲立ちとして生活や遊びの中で簡単な言葉のやりとりを楽しむ

    ・いろいろな素材に触れ、手先を使った遊びや戸外遊びを積極的に楽しむ

    ・周りの人や友達を知り、関わって遊ぶ楽しさや小動物に興味を持つ

  • 2歳

    ・食事、着脱、排泄等の身の回りのことを自分でしようとする

    ・自分の欲求や感じたことを言葉や色々な方法で自分なりに表現しようとする

    ・戸外遊び等の遊びの中で、身体を動かす楽しさを味わう

    ・回りへの関心を強め、友達との遊びの中で互いの思いを知る

  • 3歳

    ・自分でできることに喜びをもちながら生活に必要な基本的習慣をみにつける

    ・戸外遊び等で遊具や用具を使い、十分に身体を動かして遊ぶことを楽しむ

    ・友達とのつながりや異年齢児との関わりを広げ、楽しみ、簡単な言葉のやりとりをする

    ・ハサミやのり、折り紙など手先を使った制作を楽しんだり、色々な素材を使って自由に表現する楽しさを味わう

  • 4歳

    ・自分でできることの範囲を広げながら、生活に必要な基本的習慣や態度を身につける

    ・友達や異年齢児との関わりの中で相手の気持を考え、いたわりや思いやりの気持ちを育てる

    ・様々な遊具や用具を使い、複雑な運動や集団遊びを通して身体を動かすことを楽しむ

    ・身近な色々なものに関心を持ち、それを表現したり数・量・形などへの関心を持つ

  • 5歳

    ・健康や安全に必要な基本的生活習慣や態度を身につけ、そのわけを理解し行動する

    ・絵本や童話をみたり聞いてイメージを広げ言葉や表現する感性を豊かにする

    ・近隣の生活に興味を持ち、地域の人々と触れ合いを楽しんだり周囲の人々を思いやり尊重する気持ちを育て

    ・身近な文字・数・量・形に関心を深め楽しさを味わったり様々な用具を使いリズム感を養う